BBクリーム激安通販 について

BBクリームの通販情報です。 実際にウエブ通販で即・入手できるBBクリームの激安・格安情報です。商品は常に各ショップの情報を収集の上、常に最新の状態に更新されていますので「お気に入りに追加」しておくとお買い物がとっても便利になります♪商品は価格順(値段が高い⇒安い)に並んでいます。また、販売店の在庫状況などにより検索結果が表示できない場合もありますのでご了承ください

BBクリーム話題の情報は下欄から

下欄ではキーワード「BBクリーム IKKO」でヒットした製品
を 楽天のコメントの多い順に並べています。
これ以外は左のサイドメニューからどうぞ

BBクリームとは

BBクリームとは、美容クリームや下地、リキッドファンデーションがひとつになった化粧品のことです。もともとドイツ生まれですが、韓国のハンスキンという会社が大衆向けに開発し、一般化しました。BBの意味は、「Blemish Balm」の略で、「肌の傷みを補う軟膏」ということ。ドイツの皮膚科の先生が開発したので、お肌にいいらしい。皮膚を保護する機能をもった、しかもファンデーション!ということです。韓国では今「薄化粧」がトレンドなので、BBクリームだけ使ってすっぴんのように仕上げるのがクール。日本でも、テレビ番組の中でIKKOさんが紹介。いっきにブレイクしました。メーカーによって含まれる成分や機能が違うので、いろいろ比較するのも楽しみ。ちなみにIKKOさんが紹介したのはエチュードハウスのです。

*****************************************************************************
【化粧品の定義…参考】 
薬事法第2条第3項で、化粧品は次のように定義付けられている。

人の身体を清潔にし、美化し、魅力を増し、容貌を変え、又は皮膚若しくは毛髪をすこやかに保つために、身体に塗擦、散布その他これらに類似する方法で使用されることが目的とされている物で、人体に対する作用が緩和なものをいう。ただし、これらの使用目的のほかに、第一項(医薬品の定義)第二号又は第三号に規定する用途に使用されることもあわせて目的とされている物及び医薬部外品を除く。 具体的には次のようなものが法律上化粧品に該当する。 いわゆるメーキャップ化粧品、基礎化粧品、ヘアトニック、香水 歯磨き、シャンプー、リンス、(身体を洗うための)石鹸など、いわゆるトイレタリー製品 予防効果等を謳う、いわゆる薬用化粧品は、薬事法上は化粧品ではなく「医薬部外品」である。
***********************************************************************************
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
***********************************************************************************


インターネット通販…ネット通販はとても便利な買い物方法です。
商品探し、商品の比較検討、購入手続きがパソコンの画面上で行え、
さらにカード決済や電子マネーを使えば
代金の支払いまで、自宅にいながらインターネットで完結してしまうのです。
インターネット通販は、店舗までわざわざ足を運ばなくてすみますし
普通の通販のように電話でオペレーターと話したり、
電話がつながらなくてイライラしたり
ハガキを書いて投函したり、といって手間がいりません。
ずっと座ったままでオーケーなのがインターネット通販なのです

とても便利なネット通販ですが、注意すべき点もあります。
そのいくつかをここに記しておきます。

***********************

●販売業者は信頼できる?実在する?
販売業者名や代表者名(あるいは担当責任者名)、その所在地や電話番号などが
ホームページにはっきりと書かれているか確認しておきます。
●商品をよく確認する。
間違った注文をしないよう、スペックや品番などを確認します。
●支払方法を確認する。
銀行振込み、カード決済、コンビニ決済、現金書留(いまどきあまりないと思いますが)
電子マネー、ポイント、ショッピングローンなど、いろいろな支払い形態があります。
●送料や梱包料を確認する。
いくら本体が安くても、送料を加算したらお店で買ったほうがよかった…
なんてことにならないよう、送料の確認も大切です。
●返品条件の確認。
万が一、不良品だったり、届いてみたら「思っていたのと違った」とき
返品や交換はどういう条件で受けてくれるのかの確認もしておきましょう。
************************

これらのことに注意しながら、楽しくショッピング!

また、もしトラブルがあったら業界団体や
関係各省で相談を受け付けています。
************************
・日本通信販売協会、通販110番 03-5651-1122
 通販110番窓口 03-3553-8606
・国民生活センター
・消費生活センター
************************